株式会社ROKIRecruiting Site

新卒採用ENTRY

シンプルかつ美しい生産設備を。
モノづくりを極めたエンジニアになる。

新卒入社2017年
生産技術部 工機技術課
工学部 機械工学科卒

人の命を乗せるクルマの部品だから。 襟を正すところからのスタートでした。

小さい頃からクルマが好きで、色々な自動車メーカーと関われるROKIは第一志望でした。海外展開や次世代自動車に取り組む将来性も大きかったです。入社後は現場研修が行われ、実際に工場の生産ラインに入り生産工程について学びます。そこで一番学んだのは「クルマ作りは責任のある仕事」ということ。全ての部品において、キズがないか綿密な検査をします。「クルマは人=命を乗せるもの」だから、どんな小さなキズがあってもダメ。製造業の会社で働く責任感、品質に対する徹底した拘りを胸に刻みました。

ゼロから形になっていく楽しさ。 目指すは「小省軽短美」。

私の所属する工機技術課は、主に生産設備の内製や自動化を検討するところです。今は、中国工場向けの生産設備の設計、内製の検討と、治具の製作を担当しています。入社2年目ですが、「なんでもやってみる」がROKIのいいところ。簡単なものですが、実際に自分の手で設計製作した治具が形になった時、モノづくりの楽しさを肌で感じることができました。CADで設計、必要購入品・加工部品の見積りから納入、組み立てを経て、ゼロからモノができていく過程が面白い。まだ始まったばかりですが、この仕事を極めたいと思いました。課内ではよく「小少軽短美」と言います。部品を作りやすい、シンプルで簡単、かつ美しい、そんな生産設備をいつかは作れるようになりたいですね。

「良いものを、より安く」に貢献する、 設計・加工・組立をマルチにこなすエンジニアに。

最初は会社に馴染めるかすごく不安でしたが、アットホームな職場で自然と溶け込むことができました。上司は知識が非常に豊富で、仕事を通じて大きな刺激を受けています。生産設備の自動化は省力化に、内製化はコスト削減に、私達の仕事は、よい製品をより安く提供するために重要な役割を担っています。私には、まだまだ知識も経験も足りません。今後は、ロボットや制御装置などの知識も身に着けたいと考えています。まずは経験を積み重ね、生産技術をマルチにこなせるエンジニアになること、将来的には、自分の関わった生産設備が世界中で稼働することで、会社だけでなくクルマ社会全体の発展に貢献していきたいと思います。

学生へのメッセージ
ROKIは社員の自主性を重んじる会社です。面接では「自分は何がしたいのか」「これから、どうなりたいのか」をしっかりと伝えると良いと思います!
オフタイムの過ごし方
ドライブと写真撮影が趣味です。また、最近は、会社の人と登山に行くことも多いです。

新卒採用 Entry

「最高の環境で最高の製品を生み出す」、「誰にも真似できない独創性を探求する」
ROKIの決意と想いがつまったオフィスで、一緒に仕事をしましょう!